アニヴェルセルで持ち込み禁止なもの

アニヴェルセル

他の花嫁さんの様子を見ていると、アニヴェルセルは比較的持ち込み禁止のものが多い傾向にあるようです。アニヴェルセル独自の商品や提携商品もとても良いものばかりですが、こだわりのあるアイテムが持ち込み不可だと多少なりともガッカリしてしまうもの。今回はアニヴェルセルで持ち込み禁止だったものを紹介したいと思います。

アニヴェルセルの持ち込みルール

結婚式場を決める際、気になるのが持ち込みのルール。持ち込みできるもの・できないものも気になりますし、持ち込む場合の持ち込み料も気になります。

アニヴェルセルは持ち込めるアイテムには持ち込み料が発生しません。ただし、持ち込めないものも多くあるので、オリジナリティあふれる結婚式をしたい方や費用を抑えた結婚式をしたい方は注意が必要かもしれません。

一通りアニヴェルセルでの結婚式の準備を終わらせた経験から、持ち込み禁止のアイテムを解説していければと思います。

衣装

ウエディングドレス/カラードレス/白無垢/色打ち掛けなど新婦の衣装

アニヴェルセルはウエディングドレスやカラードレスなど新婦が着る衣装の持ち込みができません。

漠然と、似合ういいドレスが見つかったらいいなぁと思っているのであれば大きな問題はありませんが、「このブランドのドレスが着たい!」「購入したドレスを持ち込みたい!」「オリジナルのドレスを作りたい!」「母のドレスを着たい」などという思いが強い場合はアニヴェルセルは向かないかもしれません・・・。

しかし、アニヴェルセルで提携しているタカミブライダル とフォーシスアンドカンパニーの衣装は非常にたくさんの種類があり、品質もしっかりしたものばかりです。レンタルの価格帯も20万円〜40万円ほどなので、レンタルで考えている場合は一度ラインナップを確認してから検討しても良いかもしれません。

タキシード/モーニング/紋付袴など新郎の衣装

新婦の衣装が持ち込み禁止ということは新郎の衣装も持ち込み禁止です。

一般的に、女性のドレスへの憧れとこだわりに比べると、男性の婚礼衣装への想いというのはそれほどないケースが多いように感じますが提携ブランド以外でのレンタルができないとなるとどうしても選択肢は少し狭まってしまうもの。もちろん、本当に沢山の衣装があるのでピッタリの衣装が見つかるとは思いますが、他ブランドが良いなどの希望がある場合は少し残念に思うかもしれません。

ここまで読むと、衣装は全て持ち込み禁止なのかなぁと思ってしまうかもしれませんが、ティアラやベールなどの小物類や両親の衣装などは持ち込みが可能です。私の母も代々受け継がれてきた家紋入りの着物を着る予定です。
もちろん、持ってないという場合もレンタルすることが可能で、当日着付けやメイクも頼めます。

引き出物

アニヴェルセルでは、引き出物・引き菓子・しきたり品・プチギフトが持ち込み禁止です。これらは全てアニヴェルセル独自商品のカタログから選ぶ必要があります。一部、OCEAN & TERRE(オーシャンテール)などアニヴェルセル独自商品ではないものも入っていて、価格帯も同じくらいなので常識的な費用感です。低価格帯の商品もあるので、費用面はそんなに気にする必要はないかもしれません。種類は迷って決められないほど沢山あるので、そこもあまり心配しなくて良さそうです。

一方で、「地元の品を引き出物にしたい」「沢山の中から選びたい」「価格をグッと抑えたい」「手作りしたい」という思いがある場合は内容をよく確認して検討した方が良いかもしれません。

ちなみに、紙袋も持ち込み不可で必ずアニヴェルセルオリジナルの紙袋を購入する必要があります。

食品

衛生上の観点から持ち込み禁止にしている式場が多いかと思いますが、アニヴェルセルも食品の持ち込みは禁止です。持ち込んだお菓子を配ったり、披露宴のコースの中でお菓子やデザートを出したりすることはできません。

一度だけ、出席した披露宴で地元の品として牛乳プリンがデザートに出てきたことがあったので、中には持ち込みOKの式場もあるようです。もし、どうしても持ち込みたい食品がある場合は根気強く探してみるといいかもしれません。

装花

アニヴェルセルでは会場に使う装花は式場のプランの中から選ぶ必要があり、花の持ち込みや外部の花屋さんへの委託が禁止されています。

一方で、ブーケなど持ち物になる花は持ち込みが可能なので、ここはこだわりがあっても大丈夫です。ブロッコリートス用のブロッコリーなんかも持ち込みできます。(食品NGとのことですが、ブロッコリーは例外のようです)

ただ、持ち込みにした場合、当日渋滞などの問題で届かないトラブルや、ブーケなどのお花に傷があった場合、式場で対応してもらえないので、多少高くても式場手配の方が安心ではあります。

生き物

ペットをはじめとした生き物は衛生上持ち込み不可とのことです。

アホかと思われるかもしれませんが、我が家では小さなリクガメを飼っていて、旦那さんがウェルカムスペースや披露宴会場に飾りたいと言ったところ生き物は持ち込み不可とのことでした。カメを飼っている人は少ないかもしれませんが、同じ理論でいくと恐らく犬や猫も不可と思われます。恥ずかしくてそれ以上細かく聞かなかったのですが、挙式のみOKなど一部可能な部分もあるかもしれません。ペットも含めた大切な家族と結婚式を挙げたいと考えている場合は要確認です。

まとめ

食品や生き物の持ち込み禁止など、割と常識的なものもありましたが、結婚式のメインアイテムであるドレスや引き出物の持ち込みがアニヴェルセルでは禁止されています。メインなだけあって比較的かける金額も大きいものなので、そこに強いこだわりがある場合は、具体的にどんな衣装や引き出物があるのかよく確認した方が良いかもしれません。

一方で、今回記載していないペーパーアイテムやウェルカムスペースに利用するもの、身に着ける小物などは持ち込み料なしで外部のものや手作りのものを利用できるというメリットもあります。

結婚式場の良し悪しは持ち込むアイテムだけで決まるわけではないので、実際に式場を見学したり、使えるアイテムも確認して納得できる式場に決めることをオススメします。