バリキャリがうつ病で休職:26日目

うつ病での休職

うつ病の診断書をもらってから約1ヶ月が経ち、診断書に書いていただいた休職期間の折り返しとなりました。明日の午後に約束している会社の保健師さんとの面談に向けて現在の状態と今後どうしたいかの気持ちをまとめてみました。

現時点の心と体の状態

睡眠障害が続いている

この休職記録を書き始めた当初からそうでしたが、うつ病になってから朝起きられない状態がずっと続いています。とはいえ、休職に入った時よりは改善されつつあり、予定がある時は頑張れば早起きすることもできています。しかし、復職して業務に戻ることを考えると現状は厳しい状態です。

私の勤めている会社はフレックスかつ在宅勤務なのであんまり勤務時間に縛られてはいないので、安定して起きられる時間が午前10時ごろのため、起きてすぐパソコンに向かえばある程度常識的な出社時間となります。しかし、10時より前に打ち合わせが入ることも多々ありますし、朝食も取らず、化粧もせず余裕のない状態で仕事に向かうというのはあまり良い状態ではありません。実際、うつ病を抱えつつ勤務していた頃はなんとか打ち合わせには間に合っていたものの、事前の資料確認ができていなかったり、直前にもらっていたタスクをこなせていなかったり、打ち合わせのURLが見つからずに焦ったりしてひどいものでした。

何かを能動的にしようと思えない

健康であれば、2ヶ月も休みをもらえたらやりたいことがいっぱいで旅行に行ったり趣味をしたりなどして過ごすであろうと思います。ところがうつ病を患っているので、なかなか能動的に何かをしようと思えない状態にいます。もともと、性格的に「価値を発揮していないと自分は生きている価値がない」と思いがちなので、そういった気持ちを抑え込むためにこうしてブログを書いたり、多少は趣味のハンドメイドをしたりしていますが、基本的には「〇〇がしたい」とか「よし!やるぞ!」といった意欲がほとんど湧いてこない状態です。

ゴミ捨てや掃除など生活に支障がでてしまうことはサボらずにできているので、仕事のように強い義務感のあることであればできそうな気もしますが、今頑張ってしまうとまた元の状態に戻ってしまいそうな気がします。何より、広告代理店の仕事というのは非常に気を遣う仕事であり、言われたこと以外にも常に思考を巡らせておく必要があります。営業ノルマも達成しつつ、プライベートの時間も能動的に勉強していく姿勢が求められるので単純作業はともかく、元のパフォーマンスを発揮できそうにはないように思います。

外出ができない

コロナ禍で外出が憚られることや、平日に会える友達がいないという状況も多少は影響しているのかもしれませんが、時間があっても出かけようという気持ちになかなかなれません。私は女性なので、外出するのに着飾ったり化粧をする必要があるのでそれもハードルの一つではありますが、徒歩5分のスーパーに行くにもかなりの精神エネルギーを必要とします。

現在は改善しつつあるものの、本当に症状が重かった時は靴下を履くのに2時間かかったりと健康な状態では考えられないほどエネルギーが不足した状態になるので、外出も一苦労なのです。心の中では、「えーすぐそこじゃない」と健康だった頃の自分が言っているのですが、そういった常識はうつ病患者には当てはまらないのが不思議ですよね。

あと1ヶ月で復職できる気がしない

最初にいただいた診断書には休職2ヶ月と書かれていたので、現時点では1ヶ月後の復職を目指していることになります。しかしながら、現在の状態ではなんとか戻って自分のお尻を叩きながらやれなくも無いとは思いつつ、求められているレベルや量をこなすとなるとあっという間に元の状態に戻ってしまいそうです。休職期間も後半となると、毎日どこかに通うなどして仕事のリズムに整えていくようなのですが、それも無理をしながらでないとできそうになく、あと1ヶ月で前のようにバリバリできる気がしないのです。

そもそも、戻れるかもしれないという気持ちもフレックスかつ在宅だから思えるのであって、本来は毎日オフィスに通勤すべきなのです。通勤となると全く戻れる気がしない状況にいます。

今後どうしてゆきたいか

同じ部署に戻るようであれば退職か・・・

別記事で休職に至った原因などを書きたいと思っていますが、原因の1つに上司からのノルマ達成のプレッシャーと同僚のいじわるがありました。上司を含めても4人しかいない部署で2人に対して嫌な気持ちを抱いているので、仮に心も体も元気であってもその部署で働くのは嫌だと思ってしまうのです。

休職に入る前に直属の上司のさらに上の方と話す機会があったのですが、その方は「復職するときはどんな条件でも聞くので遠慮なく言ってね」と言ってくださっていたので、異動の希望も聞いてくれる可能性はありそうです。ただ、会社の体制として社内異動にも面接や十分なスキル証明が必要で、私自身のスキルの範囲を考えるとあまり遠い部署には異動できないので、結局嫌な人たちと深く関わって仕事をするしか無い状況となってしまいそうな気もして、復職は気が重くなっています。

妊娠・出産後に続けたい仕事ではない

一般的に広告代理店がハードな仕事であることはよく知られていますが、妊娠・出産を乗り越えるには同僚だけでなくクライアントとの調整も必要となります。ただでさえ、難しい要求に応えるための長時間労働や急な対応のために退勤後も仕事に戻らなければならないこともあります。そうなると、仮に社内的には時短勤務となったとしてもクライアント第一となるので、子供を向かえた後に仕事に戻ったりしなければならないということも十分発生しそうです。何より、お金のためにせっかくの家族の時間を失いたくないですし、毎日買ってきたお惣菜を食べ、ぐちゃぐちゃの家で過ごす・・・ということはしたく無いというのが正直な本音だったりします。

うつ病になる前から、お金の心配もあるので産休育休は取りたいと思って頑張って続けてきていましたが、小さい子供を預けて色々な犠牲を払ってまでやる仕事では無いのかなと思っていました。夫も、今の仕事を続けることには反対で、前々から辞めたらどうかと言っていました。

明日、会社の保健師さんとの面談があるため、そのタイミングで復職した場合の条件などを聞きつつ家族で相談して復職するか退職するか考えてみたいと思います。

次の記事