リフレックス(ミルタザピン錠)は生理不順になる?

うつ病での休職

うつ病になってから、ずっと規則正しかった生理周期がだんだんと長くなってしまいました。妊活も考えていたので排卵日がつかめないのはかなり困るポイントだったので、薬の副作用ではないかと思い先生に確認してみることにしました。

うつ病になってから生理周期が乱れ始めた

小学校5年生だった10歳の頃に初潮が来てからほとんど生理周期の乱れたことがなかった私ですが、うつ病になってから生理周期がどんどん長くなるという現象が起きていました。ルナルナには7年前からずっと生理の記録が残っていて、ずっと27日〜30日の範囲で生理が来ており平均して28日周期でした。

今年の1月〜3月に結婚式の日と生理が重なるのを避けるためにピルを飲んでいたので初月の2021年1月だけは少し周期が短くなっていますが、それより前はずっと周期が整っていました。ところが、うつが悪化し始めた3月以降から周期が乱れ始めて、とうとう7月には38日周期と通常よりも10日も遅れるようになってしまいました。

現在飲んでいるリフレックス(ミルタザピン錠)を飲み始めたのは5月からなのですが、ちょうど乱れ始めた頃と重なっています。私は薬学にはあまり明るくないのですが、2回目のうつ病ということもありうつ病の薬の中には生理不順となったり乳汁が出てしまったりとホルモンバランスを乱す薬があるという知識があったので、自分が飲んでいるリフレックスも該当するのかと考えました。

検索してみると「高プロラクチン血症」と書かれている

私が飲んでいるうつ病の薬は正確には「ミルタザピン錠15mg (杏林)」といいます。日経メディカルで調べたところ、主要な副作用ではないようですが「高プロラクチン血症」と書かれていました。

プロラクチンというのは、授乳中に活発になるホルモンで母乳を作るためのホルモンです。授乳期間中に妊娠してしまうと母体に負担がかかってしまうのでプロラクチンが活発になることで妊娠を防ぎます。よく、授乳中は生理が来ないという話は聞くかと思うのですが、その働きを担っているホルモンです。授乳中でないにも関わらず血液中のプロラクチンが増えた状態を高プロラクチン血症と呼び、生理不順や不妊などの症状が出ます。

もしかすると薬の副作用かな・・・と思いつつ、薬ってどんな薬でもありとあらゆる副作用が書かれているんですよね。しかも、主要な副作用として書かれているわけではありません。そこで念の為先生にも確認してみることにしました。

リフレックスで生理不順となる例はあまりないとのこと

うつ病ではあるものの、年齢的に妊活も考えなければならないので原因をはっきりさせたくて先生に確認したところ、「あまり聞かない」とのことでした。薬の副作用よりは、うつ病による体重減少やストレスを疑うとのことでした。リフレックスは眠気が強くなることと、うつ病の症状でなかなか外出できておらず、運動不足で体重はむしろ増加傾向だったので、おそらくストレスだろうと考えることにしました。

妊娠中は薬を飲まないに越したことはないので、あまり妊活も焦ってはいけないのですが、ストレスが原因となるとゆっくり休む他ないので、引き続き休職期間はゆっくりしていようと思いました。