バリキャリがうつ病で休職:12日目

うつ病での休職

休職に入ってからの一大イベントであるディズニーシーに行ってきました。早起きできるのか、体力は持つのかなど心配が絶えませんでしたが無事に楽しんでこられました。

このシリーズを最初から読む

なんとか早起き成功

うつ病になってから、さまざまな症状が出ましたが他人に迷惑をかける・目に見えてわかりやすい症状として一番悩んでいたのが朝起きられないことでしたが、ディズニーに行くにはある程度早起きしなければなりません。幸い、ディズニーまで30分ちょっとというところに住んでいることと、コロナ禍なのでオープンが10時と遅く(通常は8時頃)大幅な早起きは必要なく、最近は早めに起きられるようになっていたので1時間ほど早起きすればすみました。

おそらく、これは健康な時と変わらないかと思うのですが、普段より1時間早く起きるとやはり多少は起きづらかったり眠かったりするものですが、多少苦労しつつも絶対寝坊できないですし楽しみな気持ちもあったのでなんとか起きることができました。あんまり気力を使うことをすると症状悪化につながるので無理はしてはいけないのですが、うつ病の症状が重かった時は楽しみなことでも体が動かなかったので回復しつつあるのだなと自覚できました。

予想外の天候に

当初、当日の天気予報は梅雨らしい「雨」しかも台風も近づいているという予報で、前々日まで雨と寒さ対策を考えレインコートまで購入するくらい雨のことしか頭にありませんでした。前日の予報でも午前中は雨で残りは曇りという予報でした。ところが当日は見事な晴天で、少し熱中症の心配もありそうなくらいの暑さとなりました。体質的に汗をかきにくく、在宅勤務やうつ病で引きこもりがちな私にとっては体力を消耗することになるので心配のタネでしたが、並ぶ時間が最長でも25分と空いていてほとんど日陰や室内で並ぶことができたので問題なく過ごせました。

11kmを歩き切れた!

コロナ禍であったこともあり、乗り物が空いていて全制覇とは行かないものの、主要どころはほとんど乗ることができました。乗り物に乗ることだけをメインとしていたわけではなかったので、グリーティングやレストランでの食事も楽しみつつ過ごしたので焦らずゆったりと過ごすことができました。効率よく回れたのでいつもより歩く時間は短かったのですが、家を出てから帰り着くまでに11kmも歩くことができました。

レストランの予約をしていたこともあり、全体としては左回りで行動して下に挙げるようなコースとなりました。

  1. タワー・オブ・テラーに乗る(実は人生初!)
  2. ステラ・ルーの限定衣装を購入
  3. 予約していたS.S.コロンビア・ダイニングルームでランチ
  4. タートルトーク(夫がいじられ役になってめちゃくちゃ楽しめた)
  5. アクアトピアに乗る
  6. ニモ&フレンズシーライダーに乗る
  7. インディージョーンズに乗る
  8. レイジングスピリッツに乗る(あれ?これも人生初!)
  9. シンドバットに乗る
  10. マーメイドラグーンでドナルドとグリーティング(シアターが中止されているのでその代わりになっている)
  11. ジャンピン・ジェリーフィッシュに乗る
  12. マジックランプシアターを観る
  13. ソアリンに乗る(これも初めて!)
  14. センター・オブ・ジ・アースに乗る
  15. 海底2万マイルに乗る

本当はトイストーリーマニアも乗りたいなーと思っていたのですが、夕飯を食べて帰りたいと考えていたので少し早めに切り上げてイクスピアリで食べて帰りました。閉園時間まではあと1時間半ありましたし、もっと効率よく回ることもできたので頑張れば乗り物全制覇も夢ではなさそうでしたが、まん防が続いていて飲食店が20時で閉まってしまうという制約があったのでそれに間に合うようにパークを出ざるを得ませんでした。

でも、体力的にも精神的にも満足でした。ワゴンが少ない・空いていないショップがある・ショーが少ない・一部のシアターなどが中止となっている・そもそも人が少ないので賑やかさに欠けるなどがあり、少し静かで寂しい感じもしましたがパーク全体をストレスなくまわれて全体を楽しめた感じがしたので、感染リスクを除けば、はじめてパークを楽しむ人や子連れで回りづらい人などにはおすすめなのかなと感じました。

まとめ

うつ病になると楽しいことでさえなかなかできなくなってしまうのですが、少し回復してきたこともあって、楽しいことであればたとえ体力を消耗することであっても少し頑張れるということがわかりました。

ただ、うつ病の症状自体は段々と軽快したとしても根本の考え方の癖みたいな部分を直していかないといけないなと思わされる場面もありました。シンドバットに乗っている時に新卒研修でディズニーに来た時のことを思い出して仕事モードになってしまったり、その延長で「心のコンパスに従うんだ!」というセリフで復職のことをどうしようか思い悩んでしまったりと、何かトリガーがあるとズーンと悩んでしまうところが自分の良くないところなのだと再認識させられました。常に心のコンパスに従えれば良いのですが、人間生きていくにはそればっかりでは生きていけないですからね・・・。

次の記事