バリキャリがうつ病で休職:7日目

うつ病での休職

休職し始めて一週間が経ちました。一番悩んでいた症状はなかなか改善に至ってはいないものの、できるようになったこともあり少し喜びを感じる日となりました。

このシリーズを最初から読む

目覚めたのは早かったのだが・・・

今日は休職してから一番早く目覚めることができました。なんと、朝6時!!なんなら休職する前でも同じ時間に起きられたのがいつか思い出せないくらい・・・。もしかすると夫と交際する前(3年以上前)かも?

早く目覚められた理由は、今日から夫が出張に出かけるのでなんとか見送りたかったからです。見送りといっても、我が家では夫が出かける直前にベッドまできて挨拶するのが見送りなのでコンディションによってはむにゃむにゃとしていてコミュニケーションになっていないこともあるようです。夫を見送るのに加えて、休職し始めてから妊活に備えて基礎体温を測り始めたので、体温を測る→アプリに転送するまでに数分かかる上に少し頭も使うので割としっかり目覚められました。

しかし、早すぎたこともあり二度寝してしまい、結局10時ごろ起床となってしまいました・・・。

会社から体調確認の電話がかかってくる

今日で休職に入ってからちょうど1週間だったため、会社の保健師さんから電話がかかってきました。もちろん、急にかかってくると症状や人によっては抵抗を感じてしまうので休職に入る前に事前にアポどりされていたものです。私は夫と同居しているので何かあれば夫が対応したり、会社に連絡してくれる状況にありますが、一人暮らしの人もいるので生存確認も兼ねているのではないかと推測します。(症状によっては自分を傷つけてしまったりするので・・・)

保健師さんは体調面の確認をしたり、今後のアドバイスをしてくれます。良くも悪くも症状が悪化する前から面談で割と長くお世話になっていて、私の置かれている環境などもよく理解してくださっている優しい方です。症状が悪化していた頃は涙が止まらなかったり、首を締められてるような息苦しさがあったり、気力がなさすぎてお風呂に入れなかったりしていたのですが・・・朝起きづらいこと、出かけたいと思えないこと、以前ほどのやる気がでないこと以外は改善していると伝えました。

なんとなく、コロナ禍であることや在宅勤務であることからそもそもの外出量がぐっと減っていたのであまり気づきませんでしたが、暇なのに外出する気が全く起きないというのはあまり普通ではないらしく、天気のいい日は外に出てみてくださいということをアドバイスされました。また、病院の先生はあくまでも診断をするための話しかしない人が多いので、再発させないためにもカウンセラーに話を聞いてもらって改善してゆくことが大切とアドバイスされました。私の通っている病院は開業医の小さな病院なので、恐らくカウンセラーさんはいない気がするので、次回の通院時に先生に相談してみようと思いました。

理由をつけて外出

元々あまり無意味に外出する方ではないので、「出かけてみて」と言われてもどこに行って何をしていいかいまいちわかりません。地元とかだと大きな本屋さんがあったりしたのでよく行っていたのですが・・・。ということで、買いたいけど買っていなかったものを買いに行くという理由を自分でつけて少し出かけることにしました。

以前、何かで見かけた久世福商店の抹茶あんバターがとても美味しそうで、夫が欲しがっていたので、出張から帰ってきたときのご褒美用に2駅先まで出かけてきました。

1週間の休職期間で、昼過ぎに活動し始めてスマホゲームしかできなかった日もあったことを考えると結構回復したのでは?と思えた1日でした。

次の記事

コメント

  1. […] バリキャリがうつ病で休職:7日目休職し始めて一週間が経ちました。一番… うつ病での休職 キャリア シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE […]